あらゆる要素をすべて兼ね備えているサッカーシューズ

サッカーというスポーツの特徴はフィールド内のあらゆる方向に動き、主に足のみを使って競技が行われることと、ボールを蹴るという独特な動作の二つがあげられます。
また、サッカーは前半後半合わせて90分間の試合中に、常に動き続けて、時には激しくぶつかり合うコンタクトスポーツでもあるのです。
そのため、衝撃吸収性や安定性すぐれているバスケットシューズや軽量で前後方向に対する動きに特化したランニングシューズなどとは大きく異なります。
前後左右、あらゆる方向への動きに対応できるグリップ性やあるいはボールを繰り返し蹴ることに耐えうる耐久性などあらゆる要素をすべて兼ね備えているという点が独自のポイントです。
そのため、ヴァンプというつま先の部分の皮でボールとの一体感が得られるように作られていて、足でボールを扱うことから、フィット感も重要になるため、アッパーには足なじみの良いカンガルー皮が使われていますが、最近ではフィット感がある上に耐久性に優れた人口皮革も使われています。

サッカーシューズに込められた技術

激しい動きと正確なシュートが要求されるサッカーでは、そのシューズにさまざまな秘密が隠されています。
たとえば、側面は足でボールをコントロールするために、フィット感や強度、安定性を重視してつくられているのです。
人によってキックやトラップの際にプレーに影響を与えるベロの部分は微妙なボールコントロールに影響を与えるので、普通のシューズと同じヒモが向きだしのものや、ベロが折り返しになっているものなど、様々なタイプがあります。
折り返した上に、さらに動かないようにゴムで留められているものもあるのです。
また、サッカーシューズの命ともいえるのがフィッティングで、プレーのパフォーマンスを向上させるためにアッパー部分には薄手でしなやかで、耐久性に優れているカンガルー皮の使用も多くなっています。
そして、90分間、グラウンドを動き続けるため、ソール部分はボードラスティングという構造がほとんどのもので採用されているのです。
これは中敷の下にインソールボードと呼ばれる硬い板が敷かれている構造で、強度や安定性、反発性に優れているのが特徴になります。

Favorite


代々幡斎場


Last update:2021/1/14

『サッカー シューズ』 最新ツイート

@Chu_Q51

@happytennisdays あのシューズ履くようになってからホントに楽になりました。 ビモロのテニスシューズを作って欲しいと販売元の人に頼んでみたんですけど、野球、ゴルフ、サッカー、陸上で手一杯でテニスにキャパを回せない状況… https://t.co/KFkdYjMnNz

31分前 - 2021年06月22日


@tohmo318

@nabeldo_takuya そもそも日本でサッカーシューズって作ってないのでは?あるのかな? 中国・台湾・フィリピン製が多い気がします。

56分前 - 2021年06月22日


@akpixy10

昨日息子とサッカーシューズ受け取りに行った帰り、ディズニーストアに行きたいと息子が言うから一緒に行ってきたんだけど…息子と二人で「ディズニー行きたいよぉー🥺🥺🥺」ってなった🤣 どうしようかなぁ…どのあたりで行けるかなぁ…

1時間前 - 2021年06月22日